獣医さん。ホームドクターと専門医という考え方

こんにちは、hinaです!

 

今日は色々とぶっちゃけたお話をしようと思います。

 

トリマー×犬の皮膚

 

これって実は切っても切り離せないものです。

 

なぜなら、トリマーは一匹のわんちゃんの皮膚を2~3時間かけて毛の一本一本をかき分け皮膚の隅々まで見れることができる唯一の職業です。

 

なので、ささいなわんちゃんの皮膚の変化に気づくことができます。

「前来た時より、皮膚が脂っぽい」

「赤みが前よりひどくなっている」

「お耳が片っぽだけすごく汚れていて痒そう」

このほかにもたくさんのことを気づけます。

 

飼い主さんでも気づくことができない些細な変化を気づけますし、そういったことを絶対見逃さない様にスタッフにも常々伝えています。

 

と、前置きはここまでとして今日の本題は【ホームドクターと専門医という考え方】についてです。

 

たぶん飼い主さんはほとんど、【ここがうちの犬の行きつけの獣医さん】があると思います。

わたしももちろんあります。

ちょっとお腹壊しちゃったりとか、ワクチンの時、ノミダニ駆除薬をもらいに行くとき、あとは健康診断などで、行きつけの獣医さんいわゆるホームドクターがいます。

 

でも、疑問に持ったことはありませんか?

 

なんで人間では内科、外科、皮膚科、眼科などさまざまな専門医がいるのに

獣医さんではほとんどいない(知らない)んだろう…?

 

え?獣医さんでも専門分野があるの?といまここで初めて知った方もいるのではないでしょうか。

 

でも、実はあるんです!専門が!(というか得意な分野が!)

 

私も人間の話で例えられて初めて「あ、そういえばそっか。人では、目が炎症をおこしてるのに内科にはいかないもんね、そっかそっか」

と妙に納得できました。

 

獣医さんて実は【得意とする分野】があるんですよ♪

また逆もしかり。

 

だって普通に想像してみてください。

 

獣医さんは内科、外科、眼科、歯科、腫瘍科などさまざまな分野の事を勉強しなくちゃならないんです。

しかも犬だけじゃなく、猫やうさぎ、牛や馬、全然違う動物の事まで。

 

 

獣医さんってめちゃくちゃ大変なんです。

 

だから、一通り全部の事は学ぶけど獣医さんには必ず、より詳しく学んだ【得意とする分野】があります。

 

 

 

そして今日の一番の本題。

 

獣医皮膚科専門医というものがあること。

 

①うちの子ずーっと病院に通ってるけどなかなか皮膚が良くならない。

いつも行く獣医さんは「この子の体質だからしょうがない」と言われてるから、そっかー体質だからしょうがないんだ。。。

でも痒み止めのお薬をずっと飲ませなきゃいけないの?

一生??それってどうなの?

 

②なんだか季節の変化の時はうちの犬は必ずどこかがひどく痒くなる。

すごく痒そうで、寝てるときも起きてるときもずーっと体を掻いている。

そういった時期には獣医さんに連れて行ってかゆみ止めをもらってなんとか落ち着くけど、また季節の変わり目に皮膚が悪くなるんだろうなぁ…

安定させることはできないのかな?

 

③食物アレルギーの検査をしたら、牛も豚も米も数値が高くて食べさせれない!なにかあげると痒くなったり下痢したり、唯一お魚が数値が低かったからじゃあお魚のごはんを一生食べさせよう。お魚はアレルギーに良いってネットに書いてあったし。

でも、この子は一生これだけしか食べれないの?

一生?食べることが大好きなのに…

 

 

考えられるパターンをいくつか書いてみました。

③は色々と間違いだらけの判断ですが、飼い主さんが勘違いしやすい項目なのであえて書いてみました。

 

 

上記にあげたような食物アレルギー、アトピーなどの犬の皮膚の超スペシャリストが

獣医皮膚科専門医さんです。

 

犬の皮膚病のことを徹底的に学んで、なるべく薬を使わずにその子のQOLをあげることができる皮膚のスペシャリストさんです。

 

なかなか治らない皮膚の事でお困りの飼い主様、

 

犬の皮膚の超スペシャリスト【獣医皮膚科専門医】を直接ご紹介できます!!

 

ちょうどその獣医さんのセミナーに実際行ってお話しすることができて。

日本でも犬の皮膚の名医と言われてる方です。

 

この子の体質だからしょうがない。

 

その言葉、一回取り去ってみませんか?

皮膚科専門医の川野先生です。

お写真撮りました♪めちゃくちゃ気さくな先生です。

全国の提携した動物病院さんで完全予約制で皮膚専門の診察をされています。

 

よくセカンドオピニオンと聞きますが、川野先生の所にくるわんちゃんは

10thオピニオンぐらい、色んな獣医さんの所に行ってわらをもすがる思いで川野先生の所を訪ねてくるわんちゃんがぞくぞくといらっしゃるようで(全国的に)

そして、皮膚が良くなるんですって!!

 

すごいですよね~

 

先生の方針は、なるべくステロイドなどを使わずに対症療法ではなく根治治療を目指しています。

 

わんちゃんの皮膚の事で悩まれてる方はぜひ行ってみてください!

福岡では飯塚にあるパル動物病院さんと須恵町にあるリヴ動物病院さんで完全予約制で診察されています。

 

少し遠いですが行く価値はありかと。

 

気になる方は直接先生におつなぎすることもできますのでお気軽にお問合せください。

余談です。

 

トリミングサロンと獣医さんてなかなかつながりがないのですが、今後はもっともっと獣医さんと繋がれるように頑張っていきたいと思っています。

 

最近うちの犬がちょっと体調悪いけど、いきなり獣医さん行くのはハードルが高いから行きつけのサロンのトリマーさんにちょっと聞いてみよう。

 

実際病気の事すごく相談されることが多いです。

 

そういった時にここの獣医さんは内科が強いよ!

目の事ならここの獣医さんがいいよ!

と、それぞれ得意とする分野の獣医さんをおすすめできたら…

 

本当の意味でのトータルケアサロンだと思います。

飼い主様もHAPPY、犬もHAPPY、そんなわんちゃんと飼い主様を見て私たちもHAPPYに…♡

 

これからもわんちゃんのトータルでの健康管理はポコアポコにお任せください♪

 

hina